高校偏差値情報 TOP > 最新!石川県私立高校偏差値ランキング

2017年
最新!石川県 私立高校 偏差値 ランキング

<69~60>
星稜高校[A/私]67
金沢高校[S/私]62
<59~50>
金沢高校[特進/私]59
星稜高校[B/私]57
金沢学院東高校[進特/私]56
北陸学院高校[特進/私]56
小松大谷高校[特進/私]53





<49~40>
鵬学園高校[普通/私]49
金沢高校[進学/私]49
鵬学園高校[調理/私]47
金沢高校[スポーツ/私]47
北陸学院高校[総合進/私]46
遊学館高校[普通/私]43
日本航空高校石川[航/私]41
日本航空高校石川[普/私]41
<39~>
尾山台高校[普通/私]39
金沢学院東高校[進総/私]39
金沢学院東高校[スポ/私]39
金沢学院東高校[美デ/私]39
小松大谷高校[進学/私]39




小松大谷高校[教養/私]39
小松大谷高校[体育/私]36

※数値は、複数の偏差値データから割り出した概算値です。合格難易度のおよその目安として下さい。

最新!高校偏差値 石川県・市別ランキング 2017



最新!高校偏差値 都道府県別 私立高校ランキング 2017




<勉強法ワンポイントアドバイス>


分からない問題はしばらく放置すべし

イギリスの哲学者バートランド・ラッセルは、何か難しい問題について書く必要があるときは、2~3時間それについて必死になって考えたあと、「地下へ行け!」と自分に命令し、すっかり忘れてしまう習慣を作ったそうです。

数日経ってこの問題にまた戻ってみると、スイスイと考えが進み、楽に解けるようになっていることが多かったと言います。

「地下」というのは無意識のことで、問題を意識から完全に消してしまっても、脳は無意識のうちに活動していて、問題解決へ導いてくれたと考えられます。

彼はこれについて、「私がこの技法を発見する前は、まるで考えが進まないことをクヨクヨしながら、同じ問題で数ヶ月を空費してしまうことがよくあった。いまでは無意識の方にまかせて、その間は他の事に努力を向けることができる。」と述べています。

受験勉強でも、よく考えることはとても大切ですが、あまりにそれに時間を取られては勉強がはかどりません。「分からない問題は後日もう一度考えよう。」ぐらいの気持ちでいると、「無意識」のうちに脳の理解が進んで、後日同じ問題に当たるとあっさりと解けることがあるということです。

試してみて下さい。


続きはこちら・・・
受験勉強法100選