高校偏差値情報 TOP > 山梨県公立高校偏差値ランキング

2017年
最新!山梨県 公立高校 偏差値 ランキング

<~70>
甲府南高校[理数]70
<69~60>
甲府第一高校[英語]67
甲府東高校[理数]66
吉田高校[理数]65
甲陵高校[普通]64
甲府西高校[普通]62
甲府南高校[普通]61
韮崎高校[文理]60
<59~50>
吉田高校[普通]58
市川高校[英語]57
甲府東高校[普通]57
甲府第一高校[普通]56
甲府昭和高校[普通]53
巨摩高校[理数]53
都留高校[普通]53




韮崎高校[普通]53
日川高校[普通]53
北杜高校[理数]53
塩山高校[英数]50


<49~40>
甲府工業高校[電子]49
甲府工業高校[建築]49
市川高校[普通]48
都留興譲館高校[英理数]47
甲府工業高校[電気]46
甲府商業高校[情報処理]46
甲府商業高校[商業]46
富士河口湖高校[普通]46
巨摩高校[普通]45
北杜高校[普通]45
身延高校[総合]45
上野原高校[総合]44
甲府工業高校[機械]44
甲府工業高校[土木]44
甲府城西高校[総合]44
笛吹高校[普通]44
山梨高校[普通]44
峡南高校[電子機械]42
峡南高校[クラフト]42
峡南高校[土木]42
白根高校[普通]42
都留興譲館高校[普通]42
富士北稜高校[総合]42
笛吹高校[総合]41
笛吹高校[果樹園芸]41
笛吹高校[食品科学]41
北杜高校[総合]41
韮崎工業高校[電子機械]40




韮崎工業高校[電気]40
韮崎工業高校[情報技術]40
韮崎工業高校[環境化学]40
韮崎工業高校[制御工学]40
韮崎工業高校[システ工]40
<39~>
塩山高校[普通]39
農林高校[システム園芸]39
農林高校[森林科学]39
農林高校[環境土木]39
農林高校[造園緑地]39
農林高校[食品科学]39
増穂商業高校[情報処理]39
塩山高校[商業]38
塩山高校[情報システム]38
増穂商業高校[商業]38
都留興譲館高校[工業]37

※数値は、複数の偏差値データから割り出した概算値です。合格難易度のおよその目安として下さい。

最新!高校偏差値 山梨県・市別ランキング 2017



最新!高校偏差値 都道府県別 公立高校ランキング 2017




<勉強法ワンポイントアドバイス>


要領よく勉強すべし

たとえば2時間、テスト範囲の英語の勉強をするとしましょう。

A君は、辞書を片手に四苦八苦して本文の和訳に2時間あてました。一方、B君はガイドを買ってきて本文の日本語の意味を理解しながら、2時間をひたすら音読に徹しました。(書きの練習ももちろん大切ですが、その話しはまた今度。)

さてどちらが良い点を取るでしょうか?

正解はおそらく「B君」ですね。もちろんA君の勉強方法も大いに評価したいところですが、得点にはなかなかつながらないでしょう。効率が悪いということです。

同時通訳の第一人者、國弘正雄著の「英語の話し方」という本があります。この本に、「英文を和訳する労力と、和訳できた英文をひたすら音読する労力の比率は、1:9でよい。」と書かれています。

つまり、辞書を片手に四苦八苦、日本語訳で努力するよりも、意味のわかった英文をひたすら、繰り返し読む方が楽だし効果もあるということです。

実際、「英語定期テストの得点を上げたかったら、教科書本文を丸覚えすればよい。」は多くの人やっている王道です。

「辞書を片手に四苦八苦。」も捨てがたい勉強方法です。しかし、時間がかかってしまいます。

やはりテスト直前や受験が近づいてくると、「ガイド」などを利用して要領よく勉強すべきです。


続きはこちら・・・
受験勉強法100選